ポレスター守山銀座
外観完成予想図

滋賀県守山市

ポレスター守山銀座

守山銀座ビル地区第一種市街地再開発事業
map

守山市32年ぶりの再開発事業。
新生「守山銀座ビル」住・商一体レジデンス。

開業から半世紀以上、“守山の顔”として親しまれてきた「守山銀座ビル」がいよいよ市街地再開発事業として進化します。
目指したのは、分譲マンションと商業施設を一体開発し、くつろぎと華やぎを享受できる日々。保育園・幼稚園・小学校が目の前に揃い、子育て家族も安心です。さらに旧中山道とJR守山駅からのメイン通りが交差する中心地であり、風情と利便にも恵まれています。それは時代を超え、世代をも超えて、守山をリードしていくフラッグシッププロジェクト。守山の本流を継ぎ、ともに進んでいく、誇りと歓びをいま。

外観完成予想図

外観完成予想図

現地周辺航空写真(2017年10月撮影)

現地周辺航空写真(2017年10月撮影)

西工区外観完成予想図

西工区外観完成予想図

ポレスター守山銀座(東工区)・商業棟(西工区)配置計画イメージ図

ポレスター守山銀座(東工区)・商業棟(西工区)配置計画イメージ図

マンション分譲実績

滋賀県:3棟217戸
ポレスター近江八幡
56戸
ポレスター守山銀座
66戸
ポレスター長浜駅前
95戸

守山銀座ビル地区第一種市街地再開発事業

事業概要
施行者
守山銀座ビル市街地再開発組合
所在地
滋賀県守山市守山一丁目南平870-36(地番)
地域地区
商業地域
建ぺい率
80%
容積率
東工区520%・西工区200%
施行区域面積
約0.3ha
事業コンサルタント
株式会社 都市問題経営研究所
設計・監理
株式会社 安井建築設計事務所
施工
北川・伊藤・奥田・建設工事共同企業体
保留床取得者
株式会社 マリモ
建築物概要
<東工区>
敷地面積
1,110.01m²
建築面積
874.30m²
延床面積
7,172.52m²
主要用途
共同住宅66戸(分譲戸数59戸)、店舗
構造・規模
鉄筋コンクリート造 地上15階建
竣工予定
2020年2月
<西工区>
敷地面積
726.35m²
建築面積
651.50m²
延床面積
960.37m²
主要用途
店舗、オフィス
構造・規模
鉄骨造 地上2階建

※特に記載のない掲載情報は2019年6月末時点のものです。

お問い合わせ/CONTACT
03-5510-7250
(平日9:00~17:45)