TOP MESSAGE
社長あいさつ

東京五輪の行なわれる2020年の足音が聞こえてきました。
1970年に設立した株式会社マリモは、2020年に設立50周年を迎えます。
2016年に移行したホールディングス体制も軌道に乗り、分譲マンション事業と収益不動産事業に続く新たな事業展開を可能にするとともに、今後予想される厳しい経済情勢にも対処できる力を備える大きな礎となっています。また、そのメリットを活かしつつ、グループ全体が柔軟かつ迅速に躍動できる組織として発展し始めています。

グループの核となる分譲マンション事業では、全国の政令指定都市・地方都市を中心に370棟・24,000戸を超え、43の都道府県へ進出、あるいは進出を決めています。
昨年は熊本桜町市街地再開発事業で「ザ・熊本ガーデンズ」全159邸が即日完売するなど、マリモの強みである地方都市において引き続き供給を増やしています。
また、オフィス・商業施設・賃貸マンション・ホテルなどの各種収益不動産プロデュース事業も順調に推移し、高い付加価値を生み出す事業として確立してきました。

さらに株式会社マリモがスポンサーを務め、マリモ・アセットマネジメントが資産運用するJ-REIT「マリモ地方創生リート投資法人」が本年新たに公募投資(PO)を行ないましたが、マリモは引き続きスポンサーとしての責務を果すべく努力していく所存です。

海外における事業展開も着々と進めています。中国事業ではプロジェクト第1弾(853戸)の成功を糧に、2017年5月には江蘇省蘇州市で18棟・1,260戸の第2弾プロジェクトを開始し、既に第1期532戸が完売し、この春には待望の第2期販売が開始します。
また、同じく蘇州市で新規事業となる大型温浴施設「悠然湯」がオープンします。マレーシアにおいても2棟718戸のツインタワーマンション事業も進行中。伸びゆくアジアに高品質マンション、そして日本ならではのおもてなしを提供してまいります。

時代は刻々と変化し、社会は日々進化していきますが、私たちマリモグループはその波に呑まれることなく着実に前へ進み続けます。
これからも皆様の期待と信頼にお応え出来る事業運営に努めていきますので、今後ともご指導とご鞭撻を何卒よろしくお願いします。

株式会社マリモホールディングス
代表取締役社長

深川 真