NEWS
ニュース

「平成30年7月豪雨」災害に対する支援について

2018.07.13

 このたびの平成30年7月豪雨により被災されました方々に謹んでお見舞いを申し上げますとともに、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。

 弊社は1970年に広島にて創業し、以後48年にわたり、広島を本社として歩んでまいりました。設計事務所として産声をあげ、広島にて多くの分譲マンション設計に携わり、不動産デベロッパーに転身した後は、広島県内で40棟・2,365戸の新築分譲マンションを開発させていただきました。弊社は、ここ広島から、日本全国へ、さらにアジアへと事業を拡大してまいりました。「地方都市に強いデベロッパー」として発展してこられたのも、広島の地から、地方都市の豊かさと可能性を教えられてきた賜物です。
故に、このたびの西日本を中心とする豪雨により、地元広島に甚大な被害が出ておりますことに社員一同が胸を痛めており、復興の一助となるべく、中国新聞社会事業団に義援金1,000万円を寄付いたしました。弊社といたしましては、被災地の一日も早い復旧をお祈りし、引き続き、支援活動を実施してまいります。